パソコンの選び方クリエイター編

クリエイターが使うパソコンを選ぶ場合は、処理能力を左右するCPUの世代や周波数と、作業領域を意味するメインメモリが重要となります。
また映像制作や編集作業が多いならグラフィックス、大容量データを扱うのであればストレージも重要性が増します。
レスポンスを大切にしたいなら、OS用にSSDを搭載したパソコンが狙い目です。
SSDはHDDのようにモーターを持たない半導体素子なので、データの読み書きが速く体感差にも直結します。
CPUはできるだけコア数が多く、並列処理がスピーディーに行えるものが理想的です。
メインメモリは最低でも32GB、本格的な作業においては64GBや128GB以上が必要です。
音楽制作においても、必要なパソコンのスペックは基本的には映像のクリエイターと近いものになります。