糖尿病と「喫煙」「過度な飲酒」「睡眠不足」

タバコを吸う、ついついお酒を飲み過ぎてしまう、お仕事環境が多忙なため十分な睡眠時間を確保することが困難。このような生活習慣の乱れがある方は、糖尿病のリスクが高いなどとも考えられているようなのです。

その他にも食べ過ぎ、運動不足などのリスクなどが重なることで、さらに糖尿病のリスクは高まるともされているようです。すべてのリスクを一度機に解消することは、むずかしいとしても毎日の生活のなかでご自身の生活習慣の乱れを修正しながら健康と向き合うことが、糖尿病の発症への予防につながると考えられているようなのです。

「喫煙」は、動脈硬化の発症につながりやすく、合併症を起こしやすくするとされ、「過度な飲酒」は、糖尿病の悪化をまねくとされ、「睡眠不足」は、自律神経などの働きから血糖値が上昇しやすくなると考えられているようなのです。