キッチンカーは友だちの輪が大切

自分の店で勝負したいと考えているキッチンカーのオーナーは多いといいます。低コストでお客様と距離が近いキッチンカーは、とても魅力的です。アットホームな経営もできます。初期費用を抑えるために、車の改装はすべて自分たちの手でやったというオーナーも少なくありません。手作り感を出して、お店の独自性をつくることもできます。単にきれいなだけのお店ではないところを狙うのもいいようです。とはいえ、オープン当時は、なかなか固定客を獲得できないものです。出店するだけで赤字になることもあります。そんな経営状態を乗り切るのに、友だちのちからはとても大きかったといいます。例えばキッチンカーで人気のフォルクワーゲンのサークルというものがあるのですが、そこの仲間たちが家族を連れて遊びに来てくれることもあります。お店作りに積極的に強力してくれる友だちもいます。キッチンカーのステッカーやショップカードを格安で作ってくれたり、ホームページを作成してくれる人もいたり。その他にもSNSで宣伝してくれたり、ホームパーティに呼んでくれて出店させてくれる人もいるそうです。そんな風に動くうちに横のつながりもできてきます。ひとつの出逢いが次の出会いを呼んで、大きな輪になります。それがお店を成長させてくれるといいます。キッチンカーにとって、人のつながりが財産になるといえるでしょう。出会いを大切にすることが、キッチンカーにとって何よりも大事なことです。SNSでのコミュニケーションも大事なことです。そして、少ない資金ではじめられるのは、キッチンカーの最大の利点です。身軽にいろいろな場所にいって、多くの人に出会うこと。それが大きな財産になるのです。