万が一の時の備えをしましょう

水害や地震などの天災がもし皆さんの街を襲ったら、どのような避難経路をたどり、どのように大切なご家族を守りますか。万が一の災害時への防災訓練は、突然やってくるかもしれない天災の被害を最小限に抑えるために、大変重要な備えとなります。ご自宅の寝室のベッド付近にはガラス素材などを使用した額縁を掛けない、家具には転倒防止器具で固定する、非常食&トイレットペーパー1~2週間分の確保、服薬が必要方は防災バッグにお薬を備えるなど、何かが行った時に大切な人を守るための防災は、たった今からでもスタートできる習慣でもあります。大震災などでは、長期化するかもしれない避難生活を見込んだ準備なども必要となります。ガスや水道、電気などのライフラインが、もしも停止してしまったら・・・、などといった被災した時点でのイメージを持つことは、皆さんの命をつなぐための大切な訓練でもあります。万が一、皆さんのご自宅が半壊してしまったら、床上浸水になってしまったらなど、ケースバイケースに従って、ご家族がどのような行動を取るべきかどうかをシュミレーションしておくことも大切です。ガス、水道、電気のライフラインを失ってしまう生活は、現代人にとっては過酷となることもありますので、日頃からキャンプ場などで、便利な暮らしとはかけ離れた野外での生活に慣れてみることも良い訓練となるかもしれません。