多様な子供たちの発達障害

発達障害の仲間などとされる「学習障害」の中に特に、算数が苦手な子供達がいるようです。

「算数障害」などと呼ばれる「ディスレクシア」は、数の概念がわからなかったり、計算や掛け算などに困難を抱える子どもたちがいるようです 。

「ディスレクシア」の問題を抱えている子供達は、数の大きさや、意味が分からなかったり、図形やグラフなどがうまく理解できなかったりするような「特性」がみられるようです。

簡単な数字で、表記された記号なども、理解がしにくいなどと言われています。計算式の中の繰り上がり繰り下がりの意味がよく分からず、数学のテストなどで0点を取ってしまうような子供達もいるようです。

これは子供たちが怠けていたり、努力をしていないのではなく、「発達障害」と呼ばれる脳機能の障害によるものですので、子供達を強く叱ったり注意したりするのではなく、一つ一つその「特性」を見極めながらサポートを行っていくことが大切であります。

また、「学習障害」を持つ子供たちは、大人たちが話す長い文章を聞くことを、苦手としていたり、先生やご両親が一生懸命に勉強を教えていたとしても、すぐにその事柄を忘れてしまったりすることがあるようです。

また、長い文章などの要点をまとめたり、人から聞いたことを他の人に伝えるといったようなことが、極端に苦手であったりもするようなので、子供たちの学習に関するペースが周囲の子供達から遅れをとるようなことがあっても、まくしたてて、その遅れを指摘するようなことは避けましょう。

学習障害を抱える子どもたちには、その特性と共に、彼らなりのペースで物事を学習していく猶予が必要であるのです。