「歯」は健康の大黒柱

高齢者にとって健康な「歯」の本数は、健康寿命を表すなどという研究者たちもいるようです。近年の研究によって皆さんが食事の際に行う「咀嚼」が、人間の健康寿命に大変重要な働きをしていることが分かりつつあるようです。もちろん「咀嚼」をするには、健康な「歯」の存在が必要不可欠です。義歯などを利用する際にも、噛み合わせの悪いものを装着することによって、かえって「咀嚼」を妨げてしまうことにもあるようです。「咀嚼」は、人間の生命の源でもある食べ物の栄養素を摂取するための活動です。また研究者たちの報告によりますと「咀嚼」によって、血流を脳へ送り込む働きが解明されつつあるようです。健康な「歯」を失ってしまった高齢者たちが、流動食や柔らかい食べ物ばかりを口にすることで「咀嚼」の機会を失うことで、認知症などのリスクを高めているといったような研究結果なども報告されているようです。定期的な歯科検診を受けることにより、健康な歯を失わないようにしていきたいですね。もし健診により口腔内に複数の症状が見つかったとしても歯科レセコンにて管理するため安心して通院することが可能なようです。口内環境の衛生を保ち健康な「歯」を維持することは、皆さんの健康寿命を支える大きな大黒柱となりますね。