常連のお客様は、共同経営者

最近は、生き残りをかけた飲食店のオーナー達が、お店の経営を模索する中で、様々な試みが行われているようです。

グルメ研究家などが、そのような飲食店の経営に悩みを持つオーナーたちに語りかけていることは、お店側の演出する「ワクワク感」とその「裏切り」などが顧客等の集客を生み出すヒントになるなどと提案を持ちかけています」メニューブックを広げ、ありきたりなメニューがそこにあるのであれば 、定番の味に飽きがきてしまう人々もいるでしょう。

飲食店のオーナー達も、常連客の姿が最近見られないと言うのであれば、メニューブックの中のメニューの開発や、飲み歩きを楽しむ常連さんたちの意見に耳を傾けるべきだなどと語っています。

また常連さん達は、お店のファンとして長いことお店を支えてきてくださっているのですから、様々な意見を尋ねるとともに、お料理の試作品などを一緒に開発していくようなそのような協力者としての、存在価値もあるなどとも考えられているようです。

お客様あっての、お店の経営となるわけです。

伝統的な味を守りつつ、お店の経営を長年続けているからといって、お客様が永遠にご来店していただけるわけではないのです。