ペットの癌を予防する

あなたのペットの品種が特定の癌にかかりやすい傾向にないかを確認する事がまず大切になります。そして、何に注意する必要があるのかを知る事が、予防の第一歩だと言えるでしょう。

また、癌の一般的な徴候を知り、進行してしまう前に疾患の徴候に気付けるようにしておく必要があります。

ですので、日頃のスキンシップの際に様子を見てあげること・定期検診を受ける事がう重要になってくるのです。ではまず、癌の徴候を知っていきましょう。

徴候としては、しこりやこぶが検知できる・体重減少・偏食・傷が治らない・悪臭・持続性の分泌物・嗜眠・活動に対して熱意が無くなる・呼吸困難・排尿困難または排便困難・なんとなく調子が悪い状態が続いている・身体のこわばりや痛みなどがあげられます。

これらの異変にいち早く気づく為にも、日頃からスキンシップを取ったりブラッシングしてあげる等しましょう。

加えて、食事に工夫を凝らす事も有効です。

生鮮食品を与えたり、必要に応じてサプリメントを含む食事を与えるのも良いと思います。ブロッコリーやカリフラワー・キャベツ等と言ったアブラナ科の野菜、濃い緑色の葉野菜を食事に取り入れてみましょう。

加熱したトマトはリコペンに優れた供給源となります。

少し冷まして与えてあげると良いでしょう。

乳がんのリスクを軽減する為には、発情前の犬猫に不妊手術を受けさせる事も大切になってきます。不妊手術を受けていない子については、定期的に乳腺の検査をしてしこりが無いか確認してあげましょう。

同様に、男の子なら去勢手術を受けさせましょう。受けていないのであれば、定期的に精巣の検査をしてしこりが生じていないか確認しましょう。

年1回の定期検査の際に獣医師に前立腺の検査をしてもらう事も可能ですので、相談してみてもよいと思います。